葉酸サプリは妊娠中に必要!葉酸サプリの選び方とは?

葉酸サプリは妊娠中に摂取するのがよいとされています。
もちろん妊娠中でなくても、葉酸サプリを飲んでいくことはおすすめです。

 

なぜ、妊娠中は葉酸サプリがとくに必要とされているのでしょう。
妊娠中に飲んでいきたい葉酸サプリはどのようなものがよいのでしょう。

 

妊娠中に必要な葉酸

妊娠前から妊娠初期にかけては通常で消費される葉酸の2倍の量の葉酸が消費されます。
それはお母さんの体の中では赤ちゃんの体をつくるために、活発に細胞分裂が行われているからです。

 

細胞分裂をする際に葉酸はたくさん消費されます。
妊娠初期は赤ちゃんの脳や脊髄などを作っているとても大切な時期です。

 

この時期に葉酸が不足して、赤ちゃんの体作りがスムーズに行われなくなると神経管閉鎖障害のリスクが高くなります。
必要量の葉酸を摂取していれば確実に障害を防ぐことができるというわけではありませんが、障害リスクを低くすることができるのは確かです。

 

葉酸サプリの必要性

妊娠中なのだからサプリメントなどではなくて、食べ物から葉酸を摂取していったほうが良いのではないの?と感じる人もたくさんいると思いますが、妊娠中の葉酸はサプリメントからの摂取が推奨されているのです。
胎児の神経管閉鎖障害リスクを低くする効果があるとされている葉酸は葉酸サプリに含まれている「モノグルタミン酸型」です。

 

モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型

葉酸には「モノグルタミン酸型」と「ポリグルタミン酸型」の2種類が存在します。
モノグルタミン酸型は葉酸サプリなどの栄養補助食品から摂取できる葉酸です。

 

ポリグルタミン酸型は野菜や果物などに含まれている葉酸です。
妊娠中のお腹の中の胎児の障害リスクを低くすると確認されているのはポリグルタミン酸型です。
ポリグルタミン酸型の葉酸で障害リスクを低くするというのは確認されていません。

 

妊娠前から妊娠初期の間に400μgの葉酸を摂取することが厚生労働省からも推奨されています。
葉酸は水溶性ビタミンなので水や熱に弱いです。なので葉酸を含む食材の調理の際に熱を加えたら葉酸は消えてしまいます。

 

水洗いしても葉酸は消えてしまいます。
そのため、1日400μgの葉酸を食べ物から摂取するというのはとても難しいことだとされています。
しかし妊娠中の葉酸不足は障害リスクを高めてしまう...そうしたことから葉酸サプリを取り入れることが推奨されているのです。

 

葉酸サプリの選び方

妊娠中に葉酸サプリを飲みだしたという女性はたくさんいます。
葉酸サプリは市販でもネット販売でもさまざまな種類のものが販売されています。

 

あまりにも種類があるので、どれを選んで良いのか迷ってしまうこともあります。
それに妊娠中に飲むものだからこそ何でもよいというわけでもありません。葉酸サプリの選ぶポイントについて紹介していきます。

 

葉酸の摂取量

葉酸を400μg摂取するために葉酸サプリを飲んでいくのだから、葉酸サプリでどのくらい摂取できるのかというのは重要になります。

 

無添加であるか

葉酸サプリは無添加のものを選んでいきましょう。添加物が配合されているとしても、最低限のものだけが配合されているものを選びましょう。

 

天然由来の葉酸

葉酸サプリは天然由来の葉酸で作られているものを選びましょう。モノグルタミン酸型には「天然」と「合成」のものがあります。
化学物質でできた合成の葉酸はよいものではありません。安全な天然由来酵母の葉酸サプリを選んでいきましょう。

 

栄養バランスがよい

葉酸サプリは葉酸だけが配合されているものではなくて、ビタミンやミネラルがバランスよく配合されているものを選びましょう。
配合されている量が多ければよいというわけではありません。バランスが大切です。

 

放射能チェック

葉酸サプリは放射能チェックが行われているものを選びましょう。妊娠中に飲むものだからこそ大切なことです。